2024.05.02

5/16<情報交換会>せんだい・みやぎソーシャルハブ


【終了しました】


せんだい・みやぎソーシャルハブは、市民目線で発掘された社会課題に対し、NPO、行政、企業、志のある個人など多様な主体が力を合わせ、課題解決のために力を発揮する環境をつくることを目的としたプロジェクトです。

この情報交換会は、地域課題や、課題だと思う種を持ち寄り、課題解決へ向けた連携が生まれる場として、毎月第3木曜日に開いています


今年度は、主に「防災と自治」をテーマに開催します。

また、参加者のみなさんが取り組んでいる社会課題の共有や、課題解決に向けた相談など、情報交換会に投げかけたいことがあれば、ぜひ取り上げさせてください。



■日 時

2024年5月16日(木)19:00~20:30


■情報提供者

社会福祉法人 拓く 理事長 馬場 篤子さん、鴨崎 貴泰さん

福岡県久留米市で20年以上福祉事業を展開。地域共生社会に向け、地域密着型の商店や事業者と「本業+αプロジェクト」に取り組んでいます。

いざという時も、ちょっと「困った」ときも、拠り所となる居場所が、私たちの通勤・通学、買い物、習い事など毎日の生活動線上にいくつもある。そんな小さな拠点づくりについて伺います。


独身女子防災プロジェクト 北村 育美さん

仕事の傍ら災害支援団体のメンバーとして活動しています。2023年9月から、個人的に「単身・独身・働き女子のための防災カフェ」と題した場つくりを始めました。平時に多様なコミュニティにつながりにくく、有事の際は支援の対象だと思われない人たちがいる。北村さんの気づきから、私たちができることを考えます。


■内 容

昨今、町内会を軸とした防災の取り組みは比較的進んでいる一方で、仙台市は、地縁組織とは縁遠い人も多くいます。情報提供者からのお話をもとに、多様なミュニティづくりについて、皆さんと考えます。


■場 所:

1)仙台市市民活動サポートセンター6階 セミナーホール(仙台市青葉区一番町4丁目1-3)

2)オンライン(Zoom)

■参加費:無料


■対 象

テーマに関心のある市民、団体。NPO、企業、行政、研究機関など社会課題の解決に取り組む多様な主体


▼こんな方たちが参加しています

NPO・行政職員・会社員・大学生・研究者などさまざまな方が参加しています。


■共催:仙台市市民活動サポートセンター/せんだい・みやぎソーシャルハブ


■申 込:申込フォームからお申込みください

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSft9uBFfI-QpJCDmyJnS_TzK7Twl-Fx5AvoAxHBwE0OyCZzMg/viewform?usp=sf_link

※申込の方にZoomアドレスをお知らせします。


・聞くだけの参加も可能です。途中参加、途中退席も構いません。

・記録メモは後日作成・公開予定です。(NG箇所は省きます)
・全体の進行によっては、発言時間の制限をお願いするかもしれません。
・批判オンリーはやめましょう


<注意事項>

宗教や政党またはそれに類似した団体等への勧誘、商品の販売、ネットワークビジネスの勧誘等は禁止です。もしも、そのような行為を見かけた方は、スタッフまでお知らせください。


せんだい・みやぎソーシャルハブは、市民目線で発掘された社会課題に対し、NPO、行政、企業、志のある個人など多様な主体が力を合わせ、課題解決のために力を発揮する環境をつくることを目的としています。 社会課題の実態をみんなで知って、課題を解決するための方法や、課題が起きないようにする社会のシステムなどを一緒に考えていきませんか? 


■連携して運営にあたっているのは下記の3団体です。

NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター

一般社団法人パーソナルサポートセンター

NPO法人都市デザインワークス


 ■活動内容や情報交換の内容は、ホームページやFacebookのグループページ、noteにて公開しています。

・ホームページができました!

https://semi-hub.org/

・Facebookのグループページ

https://www.facebook.com/groups/1177363749292548/

・note

https://note.com/socialhub/