2020.02.01

サポセンでフードドライブ実施中!


【終了しました。ご寄付ありがとうございました】
「ご家庭に眠っている食品はありませんか?」サポセンでフードドライブ実施中!
サポセンでは、まだ食べられるのにもかかわらず捨ててしまう「食品ロス」の削減をするため、フードドライブ用フードボックスを1階マチノワ広場に設置いたします。

—————————————————-
設置期間:2020年2月1日(土)~3月1日(日)
—————————————————-


「フードドライブ」とは、家庭で眠っている食品を持ち寄りそれらをまとめて、地域の福祉団体や施設、フードバンクに寄付する活動です。
ご提供をお願いしたい主な食料品は、賞味期限が1カ月以上あるものです。
例えば、缶詰、お米、インスタント麺、乾麺、レトルト食品などです。
集めた食料品は、NPO法人ふうどばんく東北AGAINを通じて、被災者・生活困窮者の支援を行っている団体・施設、子ども食堂や子どもの学習支援、シェルター、炊き出しを行っている団体に無償提供いたします。
まだまだ食べられる食料品を有効活用するためにご協力をお願いいたします。

同時期、以下、サポセン以外でも実施しています。
市役所本庁舎(1F)、各区役所(1F)、葛岡リサイクルプラザ、
今泉リサイクルプラザ、市内のヤマザワ2店舗(住吉台店、中田店)
お近くのフードボックスをご利用ください!

問い合わせ:
仙台市環境局家庭ごみ減量課 TEL:022-214-8229
NPO法人ふうどばんく東北AGAIN TEL:022-779-7150

この取り組みは、「ぱれっと」12月号でも紹介しています。 よろしければ、こちらもご覧ください。