スタッフブログ

【2日目・レポート】子ども目線で考える防災・減災

Please Click here for English.

 

仙台市太白区東中田の子どもたちでつくるボランティアチーム
「チーム東中田っ子」が14日、仙台市市民活動センターでワークショップを開いた。
テーマは「防災・減災ワークショップ~命を守る~『東日本大震災を未来へ』」。
 小学生から高校生までのメンバー12人が、
 参加した市民24人の防災・減災意識を高めようと努めた。
 

冒頭、地元の元小学校校長が「命を守る」の演題で講演し、アイスブレイク。
 続いて、参加者を6人1グループ、合計4グループに分け、
 各グループに子ども2人が張り付いて進行を手伝った。
グループごとに話し合うテーマも合わせて示した。

「防災リュックに何を入れる?」
「災害に備え、家に常備しておくものは?」
 「外にいるときに地震がきたらどう行動する?」
「家の中の地震対策はどうする?」

子供目線1

【各グループで、東中田っ子の子どもたちが進行役を務める】

 

 テーマを受け、参加者は5分間、思いついた事柄をひたすら付箋に書き出していった。

その付箋を、大きなリュックや家が描かれた模造紙に貼りつけていき、
なぜそれを書いたのかを、書いた参加者が各々説明した。

「我が家は小さい子どもがいるから、紙おむつかな」
「防災リュックは避難するときに邪魔にならないよう、
あまり重くない方が良いね。軽量の食料を入れよう」

「震災のとき、タンスの上の物が落ちてきて怖い思いをした。
だから、日頃からタンスの上には何も置かない」

 参加者らは自身の震災の経験や、自分の生活環境などに基づいて、
 気付きを言葉にした。

 

【思いついたことを付箋に書き出していく】

【思いついたことを付箋に書き出していく】

【大きなリュックの絵が描かれた模造紙には、中に詰め込むべき品々が張り出された】

【大きなリュックの絵が描かれた模造紙には、中に詰め込むべき品々が張り出された】

 

話し合いを重ね、本当に大切なものだけに絞っていった。
 残った付箋に書かれたもののイラストを画用紙に描き、
 再び模造紙に貼りつけていき、完成。
最後は各グループの代表者が前に出て発表し、
防災・減災の教訓を全員で共有した。

 

【必要なもののイラストを描いて模造紙に貼り付けていけば完成】

【必要なもののイラストを描いて模造紙に貼り付けていけば完成】

 

終盤の振り返りでは、参加者がたくさんの気付きを口にした。
「『安否確認』という言葉は、子どもにとっては難しすぎる。『安全確認』に改めよう」
「タオルは防寒にも有効なので、常備しておこう」
「災害に備えて、予め家族で連絡の取り方などのルールを決めておこう」
などの声が挙がった。

 

【グループで共有した知識を、最後に全員の前で発表する】

【グループで共有した知識を、最後に全員の前で発表する】

 

防災・減災ワークショップは、2013年に始めた。
 主に地元の小・中学生らを対象に行うことが多かった。
たくさんの気付きが得られるプログラムは評判を呼び、
 昨今は県内にとどまらず、県外からもお呼びがかかる。
昨夏には石川県輪島市からも声が掛った。
 

東中田っ子の運営は、地元のNPO法人「FOR YOU にこにこの家」がサポートしている。
代表・小岩孝子(こいわ・たかこ)さん(62)は、「大人が何気なく使っている言葉を言い改めようだなんて、子どもの知恵って素晴らしいでしょう。防災・減災に子どもが主体的に関わることはとても大切なんですよ」と、ほほえんだ。

ワークショップの企画・運営に携わった高校1年生の狩野愛実(かのう・あみ)さん(16)は
「話し合ったことをここだけに留めず、多くの人に伝えていきたい」と、
 今後も意欲的に活動していく決意だ。

 

(記事担当)
同志社大3年 梅村雅

 

 Please Click here for English.