スタッフブログ

【4日目・レポート】みなさんからのメッセージ④

Please Click here for English.

 

3月17日(火)仙台市市民活動サポートセンターの企画で開催されたトークイベント。
「つながりが育む暮らしの安心」と題して、「地域連携」「スペシャルニーズ対応」など、ネットワーク型防災の事例を基にこれからの防災を考えました。
トーク終了後に行われた情報交換会で、参加者の皆さんからいただいたメッセージの第2弾をご紹介します。 

★☆★

「復興から復幸 今できることを一つずつ」と書いてくれたのは、八田篤司(はった・あつし)さん(35)。元仙台市市民活動サポートセンターのスタッフさんです。 

めせ1

 Hatta took part in this event to learn about DRR, recovery activities and the current situations of the disaster stricken areas, as he proactively interacted with the other participants.

★☆★

“To be there, close together”, wrote Akihiro Kohama (31). He is a producer of stage acts.

めせ2

“Thinking about DRR will eventually lead to world peace”, explains Kohama. He is currently preparing for DRR workshops for children. Thank you for your cooperation!

 

Reporter:
Yuri Fujinuma (Citizen Writer)

Please Click here for English.