2017.09.21

マチノワラボVol.3 発信!LOCAL GOOD SENDAIキックオフミーティング -オープンデータとまちづくり-


machinowalab3_omoteura

日時:2017年10月26日(木)18時30分~21時
会場:仙台市市民活動サポートセンター 地下1階 市民活動シアター
定員:50名
参加費:500円(1ドリンク付き)
主催:仙台市市民活動サポートセンター、(特活)せんだい・みやぎNPOセンター
共催:(公財)地域創造基金さなぶり(特活)都市デザインワークス(一社)パーソナルサポートセンター

東日本大震災、少子高齢化、貧困、ソーシャルビジネス、新たな地域経営。社会の課題は複雑化し、課題解決の担い手は多彩さを増しています。マチノワラボは、そうした現状の理解を深め、先進事例から学び、持続的な地域づくりを考える未来志向の場です。参加する人同士の対話を通して、仙台や東北そして社会の課題にアプローチします。
今回のテーマは「LOCAL GOOD」。地域課題解決のプラットフォームとして、横浜をはじめ国内3地域で取り組まれています。いよいよはじまるLOCAL GOOD SENDAIへの期待とまちづくりへの展望について考えます。

メインスピーカー
sugiura

杉浦裕樹さん(NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ 代表理事)

1963年生まれ。ヨコハマ経済新聞編集長。NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ代表理事。
学習院大学卒業後、舞台監督やイベント企画制作などの経験を経て、2003年のNPO法人設立とともに地域情報化を軸とした横浜の街づくり活動を行っている。2014年から地域課題を可視化し、市民参加を促すウェブプラットフォーム「LOCAL GOOD YOKOHAMA」を運営するとともに、近年はリビングラボ研究等に力を入れている。

ナビゲーター
鈴木祐司さん(公益財団法人地域創造基金さなぶり 専務理事)

タイムスケジュール
18:30-18:45 LOCAL GOOD SENDAIキックオフ概要
18:45-19:15 LOCAL GOOD YOKOHAMAの実践から学ぶ
19:15-20:15 どう活かす、LOCAL GOOD SENDAI
20:15-21:00 フロアトーク
—————————————————–
21:00-21:30  交流会(参加自由)

今回の内容に関するお申込、お問合せ
(特活)せんだい・みやぎNPOセンター
TEL:022-264-1281
MAIL:labo☆minmin.org(☆を@に変えてください)

マチノワラボに関するお問合せ
仙台市市民活動サポートセンター
仙台市青葉区一番町4丁目1-3
TEL:022-212-3010 MAIL:sendai@sapo-sen.jp


次回予定
「マチノワラボ」から「チビラボ」で深めよう!
全国からお招きしたゲストの話から学び、参加者と共に対話・交流する場「マチノワラボ」から、
未来の仙台について、より少人数で対話・研究する場として「チビラボ」がスタートします。
日程:11月下旬
場所、テーマは追って仙台市市民活動サポートセンターホームページ等でお知らせいたします。